7月24・25日と名古屋にて日本血管内治療学会・大動脈ステントグラフト研究会が開催されました。

当科から石垣医師と立石が発表してきました。

また放射線科から川崎医師が発表されました。

主にEVAR/TEVARの学会ですが、他の施設も積極的なところばかりでありステントグラフトのデバイスのみならず
技術的な進化などの発表も多かったです。

日曜日に午前中に少しだけ足を伸ばして名古屋城を見てきましたが、姫路城にはやはり劣りますね。
中にエレベーターあったり天守閣に売店があるのはなんか城という感じが消えてしまってる気がします。
現存天守の姫路城はきれいになってから入ってないのでまた落ち着いたところで見学に行きたいですね。

また、名古屋駅で新幹線を待っている間にドクターイエローを見ました。
見ると幸せが訪れるということできれいに写真をおさめてきました。

DSC_0053 (225x400)
スポンサーサイト

昨日は,播州地方を台風が直撃しました. 姫路市の東側を流れる市川の水位が上昇し,JRの姫路-神戸が一時不通となりました.また,高速道路も一部通行止めとなり,車や電車通勤している人は大変だったみたいです.
個人的には,いつも通る道が通行止めになり,多少時間がかかりましたが問題なく病院に到着することができました.
写真は,病院の渡り廊下から撮影した,台風が去った後の晴天です.
この3連休は,オンコール業務の他に,学会発表の準備,抄録作成,原稿書き,家族サービス...などなど,皆が思い思いに過ごしております.
病院からの風景

先日は,心臓血管外科を希望されている研修医の先生が見学に来られました.当科の実際の雰囲気を体験していただき, 業務終了後は行きつけの焼肉屋に繰り出しました.なかなか楽しんでいただけたのではないかと思いました.

当院の手術症例は1年で開心術 300-330例,末梢血管手術約200例(内 AAA open 60-70例), EVAR/TEVAR 約150例あります.
またMICS, TAVIなど新しい治療にも積極的に取り組んでおります.成人の心臓血管外科領域を幅広く経験できます.心臓血管外科医師としてそのキャリアをスタートするのに,非常に魅力的な施設ではないかと考えております.
また,外科専門医をはじめとして,その他の資格も最短で取得可能です(心臓血管外科専門医,循環器専門医,ステントグラフト実施医/指導医, 脈管専門医など)
病院見学など色々な質問,いつでも大歓迎です.スタッフ一同お待ちしております.
病院見学
病院見学2

先週は,地域の先生方をお招きして毎年行っている懇親会でした.face to faceのほうが,いろいろな情報を共有できますし,それが患者さんの治療にも生かされると実感しております.今後とも何卒よろしくお願い致します.
地域連携懇親会

じめじめとした気候が続きます.からっとした夏は来るのでしょうか...
先週,今週の抄読会の内容です.
A minimally invasive Cox maze IV procedure is as effective as sternotomy while decreasing major morbidity and hospital stay
Lawrance CP, Damianl R. J Thorac Cardiovasc Surg 2014;148:955-62
当院でもMICSが増加しております.Washington大学DamianoらのgroupからのMICS approachによるmaze procedureの成績報告でした.
Aneurysmal degeneration of the thoracoabdominal aorta after medical management of type B aortic dissections.
Durtham CA, Cambria RP. J Vasc Surg 2015 June.
B型大動脈解離は,慢性期の拡大が問題となるところですが… Boston MGHからの報告です.発症時の大動脈径と遠隔期大動脈拡大との関連について,従来の報告よりもより踏み込んだ内容です. この施設の著者らは,uncomplicated type B dissectionに対して,大動脈径が比較的小さくても(35mm程度)entry closure目的でのTEVARを是としているようです.
病院前
病院救急受付前の駐輪場.びわの木があります.今はすべて烏に食べられちゃいました...

先週の土曜日は,大阪国際会議場で開催された第1回DT(Destination Therapy)研究会に参加してきました.
参加者の約半分はco-medicalの方たちとのことでした.mental care, wound careなどDr.だけではmanagementできないことが多い領域ですので,多職種を巻き込んでの取り組みが大切であるとの認識ができました.
帰りは,中之島周辺を散歩してきました.実は以前にこの周囲に住んでいたことがあり,近くのジュンク堂で本を見て,その地下にあるインディアンカレーを食べるのが,定番の散歩コースでした.
DT研究会1
DT研究会2
DT研究会3

早いもので2015年の半分が終了しました.
概算ですが,2015年1月~6月までの手術症例(開心術,末梢血管,EVAR, TEVAR, TAVI,その他などなど)は約350例でした.
2014年の年間症例は約650例でした.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。