6月11日 神戸大学病院敷地内医学部会館 シスメックスホールにて第57回 神戸心臓外科研究会(KCCS)が開催され、当院より酒井医師「鈍的大動脈損傷に対するHybrid Arch TEVARの一例」を発表されました。

先日発表された内容を改変した内容でした。

また、本日6月13日 ANAクラウンプラザホテル神戸にて第63回 兵庫県心臓外科懇話会(HSHS)が開催され、私(立石)「胸部上行弓部大動脈瘤に対し手術を施行した一例~proximal stepwise法を用いて~」を発表してきました。

こういった研究会は多彩な症例が集まる場であり非常に勉強になります。

実は来週も学会があり、ブログのトップのほうにも記載ありますが関西胸部外科学会が開催されます。
しかし、それだけではなく日本血管内治療学会も来週末に開催されます。
2週間で3つの発表ということもありスライド作りに追われています :(
今週末は病院でひたすらスライド作りになることでしょう・・・


立石 直毅
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。