学会が立て続けで、スライド作りに追われてましたがなんとか無事に終了しました。

まずは第57回関西胸部外科学会が6月19日・20日に開催されました。
座長2名・発表5名の先生方が参加されました。

<座長>
・ランチョンセミナー「TEVAR and the aortic arch challenges planning and techniques for good outcomes」松田医師
・一般演題:弁膜症1村上医師

<発表>
・一般演題:大血管1 「広範囲胸部大動脈瘤に対する手術成績の検討」大村医師
・Case Presentation Awards:冠動脈1 「院外発症 Blowout 型左室自由壁破裂の 1 救命例」邉見医師
・Case Presentation Awards:大血管6 「突然の意識消失、急激な血行動態の悪化を来した慢性大動脈解離右房穿破の 1 救命例」酒井医師
・Case Presentation Awards:大血管1 「Partial Sternotomy で Debranch+TEVAR した担癌患者の一例」立石
・Case Presentation Awards:大血管2 「腕頭動脈瘤後壁の穿破により気管圧迫を来した 1 例」幸田医師

続いて第20回日本血管内治療学会/第18回大動脈ステントグラフト研究会が6月20日・21日に開催されました。
それぞれ1名ずつの発表となりますが、
・一般演題6: ステントグラフト2 「A型急性大動脈解離に対してbifurcated stentgraftによるEVARを行った一例」立石
・大動脈ステントグラフト研究会 セッションⅠ(EVAR/TEVAR 合併症・工夫) 「DeBakey II型急性大動脈解離に対するBentall手術+全弓部置換術後に残存Kommerell憩室に対してTEVARを  施行した一例」幸田医師

盛りだくさんの1週間でした。
自分は関西胸部は発表してすぐ帰院しましたが、大動脈ステントグラフト研究会は全国からステントグラフト実施医が集まる会だけあって非常に内容の濃い研究会でした。
また来年も参加してみたいものです。

立石 直毅
スポンサーサイト

6月11日 神戸大学病院敷地内医学部会館 シスメックスホールにて第57回 神戸心臓外科研究会(KCCS)が開催され、当院より酒井医師「鈍的大動脈損傷に対するHybrid Arch TEVARの一例」を発表されました。

先日発表された内容を改変した内容でした。

また、本日6月13日 ANAクラウンプラザホテル神戸にて第63回 兵庫県心臓外科懇話会(HSHS)が開催され、私(立石)「胸部上行弓部大動脈瘤に対し手術を施行した一例~proximal stepwise法を用いて~」を発表してきました。

こういった研究会は多彩な症例が集まる場であり非常に勉強になります。

実は来週も学会があり、ブログのトップのほうにも記載ありますが関西胸部外科学会が開催されます。
しかし、それだけではなく日本血管内治療学会も来週末に開催されます。
2週間で3つの発表ということもありスライド作りに追われています :(
今週末は病院でひたすらスライド作りになることでしょう・・・


立石 直毅

少し前になってしまいましたが、5月28日にホテル日航姫路で、第2回姫路救命救急カンファレンスが開催されました。

当科からは酒井先生「鈍的大動脈損傷に対するHybrid Arch TEVERの一例」にて発表されました。

DSC_0191 (400x225)

また、同一症例でCM1の吉野さん「救急搬送された患者を通しての考察と課題 ~高エネルギー外相による胸部大動脈瘤損傷患者を通して~」を発表されました。

DSC_0192 (400x225)

また、循環器内科鳥羽先生「ドクターヘリで搬送された急性心筋梗塞による院外心肺停止の一例」を発表されました。

医師・看護師通じて貴重な一例になったことと思います。
今後の診療に役立てていきたいものです。


さて、いつもの余談(笑)
本日はというよりもう昨日ですが、夜遅くまで手術をしていたため0時過ぎてから晩御飯を食べに・・・
その帰りにコンビニに立ち寄り、飲み物などを買ったり明日の朝食を買ったりしているなか、石垣先生は
『ガリガリ君 ナポリタン味』を購入。

P1910266 (400x225)

怖いもの見たさでみんな一口ずつ食べましたが・・・
味は・・・
まぁ・・・うん・・・食べてのお楽しみです。
確かにナポリタン味でした。

立石 直毅

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。