砥峰高原ver3
先週の週末は,姫路から1時間ほどのところにある神河町の砥峰高原にいってきました.
神河町といえば,あまちゃんの能年玲奈さんの地元として有名になりました.また,砥峰高原は,ノルウェイの森や,黒田官兵衛などのロケ地と使われたことで,こちらも有名になりました.

標高1000mくらいでなので,まだ少し雪も残っています.
3月の遅い雪遊びを子供たちと楽しんでまいりました.姫路は,少し車を走らせればけっこうな自然があります.

大村
スポンサーサイト

本日は放射線科の宮本Drが3月いっぱいで移動と言うことで大規模な送別会が開催されました。
3階南病棟の看護師さん、放射線科、心臓血管外科、外科、循環器内科と大勢の参加となりました。
10年間お疲れ様でした!

その他の面白い写真はのちほど(笑)
宮本Dr (400x225)

本日の手術はAVR(大動脈弁置換術)下肢静脈瘤手術、そして現在UAP(不安定狭心症)に対して緊急CABG(冠動脈バイパス術)を施行している真っ最中であります。久しぶりの緊急手術です。心臓外科はこうでないと!!


さて、話はまーったくかわりますが、、、手術の後ってなぜだかわかりませんがしゅわしゅわっとした飲み物が飲みたくなんるんですよね。これって私だけでしょうか。


我が姫路循環器病センターは昭和56年に建てられた御年32歳(ちなみに私より年上!!)の非常にレトロな建造物であり、さらに標高20mほどの小高い山??の上に建てられているためローソンなどのコンビニも全く入っておらず、これまたレトロな売店(夕方閉店するんです、こいつ。)があるのみでございます。笑
それゆえ、自動販売機への依存が半端ないんですよね。100円玉ないと生活できません。ニチイの冷凍食品の焼きそばとかこの3年間で200食は食べましたよ、えーえー。


さて、話を戻してしゅわしゅわとした飲み物ですが、やはり徳島県生まれの私、O塚製薬をこよなく愛しておりますので(利益相反はございません)当然ながら『MATCH』を常に愛飲しております。ちょうど病院の自販機にあるんですよね、MATCH。


11070107-3.jpg


ちなみに最近はこちらの姉妹品、MATCH PINKは3月17日に新発売!!こちらもさっそく飲んでみましたが美味しいです(利益相反はございません)。是非ご賞味ください!!

114276_top.jpg



ま、なんでこんなにMATCHの話をしているかと申しますと、徳島あるあるの一つでありますが、



なんとこのMATCH、



『オロナミンCをポカリスエットで希釈して製造している』



のであります。
ch2583342.jpg


みなさんご存知でしたか??



徳島の貧乏根性でしょうか、いえ、これは素晴らしい発想力だと思いませんか。




じゃー、ピンクは何混ぜたんですかね。。。ファイブミニかな。なんなんでしょうか??




以上、邉見宗一郎でした。


追伸:こんな私ですが本日はAVRを執刀させていただきました。この1カ月だけでも3例目になります。これは『姫循あるある』ですがやる気のある専攻医のみなさん、当院にはチャンスがあふれています。やる気のある心臓血管外科を志望の若い先生方、ぜひ一度当院に見学にお越しください!!一緒にMATCHを飲みながら仕事をしましょう!!

本日の手術はredo AVRのみでした。
3連休にもかかわらず緊急症例は来ず…
今月は非常に緊急手術症例が少ない!
う~ん…世の中のみなさんは元気にしているのでしょうか?

さていつもブログのネタを考えているのですが、本日はネタも思い浮かばなかったのですが
H見先生がとある雑誌をもってきました。

good hp

手術数でわかる いい病院2014 (週刊朝日MOOK)

当院はというと…

いい病院ランキング全国   いい病院ランキング関西
↑クリックで拡大してみる      ↑クリックで拡大してみる

関西では開心術で9位 全国でも29位という結果でした。
この300症例という結果は実は2012年の結果ですが、この手の雑誌には必ずといっていいほど載っています。
全体的なデータとしての信憑性は高いとは言えないと思いますが…
ちなみに2013年は326例でした。

一般向けの雑誌ではありますが、では医師、特に専攻医からみていい病院とはどういう病院なのでしょうか?
実際に自分が専攻医として行ったらどんなことができるのか?といったことに興味を持ちませんか?
こちらに関しては現在2013年度の心臓血管外科専門医機構の点数に基づいたデータを専攻医各位計算中です。
その結果に関しては4月始まりましたらご報告したいと思います。

立石 直毅

本日より世間は3連休です!
今日は月1で密かに開催されているバドミントンに行ってきました。
先月は仕事の都合上いけませんでしたが、それ以外は全参加してます。

面子はCM1の看護師さんMEのO上さんを中心にいろんな人が参加しています。
可愛い看護師さんとキャッキャしながらするもよし、真剣に男同士の勝負をするもよしと楽しい会です。

バド2

とはいえ、みなさん普段運動することない方ばかりなのでダラダラと過ごす時間も多いです(笑)

バド1

そして翌日は確実に筋肉痛になりますが、まぁ2日休みも残っているので大丈夫でしょう。
ちなみに私は真剣勝負!!をCM1のK藤君とS田君とやって手にちょっとした豆ができました。
来月も参加して日頃の運動不足を解消したいものです。

立石 直毅

本日はARに対するAVRとAAAに対する人工血管置換術と膝窩動脈瘤の血栓性動脈閉塞によるFogarty血栓除去術の3件でした。

さて本日の開心術の器械出しの看護師さんはM谷さん。
彼も3月いっぱいで退職するそうですが、本日が最後の器械出しになるかはわかりません。
3月末ギリギリまで働かされるので… :(

手術終わった後にまたまたパシャリ☆

DSC_0127.jpg


さて3月も下旬にはいります。この時期は花粉症の人はつらい時期になってきますが、自分はそこまで困ったことはないので特に気になりませんが(笑)
この時期はやはり梅がいよいよ見所ですね。学生時代、奈良県にある月ヶ瀬という梅林で有名な場所にいった思いでがあります。梅の花は桜ほど見た目のインパクトはありませんが、なんといっても香りが非常にいいです。
写真だけでも春という季節を感じますね。

梅


病院と家の往復の毎日だと季節を感じる機会も少ないので少し寂しいですね。
今年は姫路城のさくらを見にいって花見でもしたいところです。


立石 直毅

本日はEVAR2件と急性大動脈解離に対してHemiarch replacementの手術の計3件でした。

土日は本日手術した方も含めて3例の解離の入院がありました。
うち2例はB型解離にて保存的加療となっております。

A型・B型といえばまだまだインフルエンザは下火になっていないようで、当院でもちらほらと感染者がおられます。
心臓血管外科医の人は大抵『A型=解離』という心外脳になっているため、『A型』と聞くとどきっとします。
インフルエンザにせよ感染のため隔離や近接者の予防のことなどがあるため大変なんですけどね…

自分はインフルエンザにはいい思い出がなく、大学6年の夏に新型インフルエンザにかかり、夏なのに寒気のあまりダウンを羽織ってフラフラになりながら病院に行った思い出や、浪人生時代にセンター試験初日に38℃の発熱で風邪かと思い意識が朦朧とする中なんとかセンター試験を2日間終え、病院いったらインフルエンザという思い出など苦い思いがいっぱいです。
何とかまとも?な点数は取れたのでよかったですが…おそらくウィルスばらまいていたでしょうね…XD

インフルエンザはまだまだ活躍中なので気を付けましょう。

ダウンロード

立石 直毅

西播磨救急2


幸田 陽次郎

本日の手術はOPCAB、EVAR、TEVARの3件でした。

3症例とも他病院からの紹介でしたが、元気に合併症なく早期退院できればと思います。

また、本日は第25回西播磨救急医療研究会が姫路キャッスルホテルにて開催され、当科より邉見医師が『院外発症Blowout型 左室自由壁破裂の1救命例』という題目にて発表されます。
他院のみならず救命救急士なども参加される会とのことで、当院での貴重な救命症例を発表し当院の株をますますあげてくることでしょう。
研究会の後は花の金曜日ですので、姫路の夜に看護師さんと一緒に繰り出すそうです。

立石 直毅

本日より不定期ではございますが、手術日記を開始しました。個人情報などもあり記載できる部分は制限されますが、こんな手術をしているという参考になればと思います。

本日の手術は、開心術はMICS MVPで末梢血管はFAの内膜摘除術、上腕動脈仮性瘤根治術でした。

開心術の方では器械出しの看護師さんはМ山くん。
3月いっぱいで当院を退職され新天地での勤務になるそうで、本日が最後の器械出しでした。

記念にパシャリ☆

森山2

彼のおかげもあり?MVPはばっちりときまり逆流消失!

森山1

術後にこっそり単独で撮影しようとしたらF本さんが横から強引に…(笑)

手術室勤務お疲れ様でした。しかし、まだ3月は後半月あるのでちょっかいをかけていくのでよろしくです。

立石 直毅
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。