第44回日本心臓血管外科学会学術総会が熊本でありました。

当院から村上医師・大村医師・邉見医師が発表として、座長として向原院長が出席されました。

・【会長要望演題】
低左心機能(Ejection fraction≦35%)症例の冠動脈バイパス術の検討  大村 篤史

・【ポスターセッション】
Partial SternotomyによるMICS AVRの早期手術成績  邉見宗一郎

邉見ポスター


・【一般口演】
当院における前脊髄動脈症候群の検討  村上 博久

・【会長要望演題】
心臓リハビリテーションの進歩 座長:向原 伸彦